2016年11月5日、カテゴリ「日記」の記事

2016年 11月 05日 UP!

北斗市の伝説Vol.1


みなさま、こんにちは晴れ晴れ晴れ

「花土=観光協会ブログ」ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)28年度第32週目です黒ハート黒ハート黒ハート

(昨年度は「花金」でしたが、今年度は土曜日に移動していまするんるん (音符)

 

11月3日に第35回北斗市茂辺地さけまつりが開催されました。

あいにくの雨天でしたが朝から多くの方が来ていただき、ありがとうございましたぴかぴか (新しい)魚魚ぴかぴか (新しい)

%e3%81%95%e3%81%91%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%ef%bc%92

 

今回サケまつりが行われた茂辺地川にはサケに関する伝説がありますdouble exclamation

今回のブログではサケ繋がりでこの伝説をご紹介しまするんるん (音符)

 

昔から茂辺地川には多くのサケが遡上していたそうですが、ある年からサケが一匹たりとも遡上しなくなりました魚

 

川に来たサケを捕り、生計を立てていた領民たちは非常に困っていましたあせあせ (飛び散る汗)

すると、その時領主の夢枕で「汝の愛姫を海神に捧げれば、漁は前年の倍になるであろう。」と告げられました。

領主は悩みふさぎ込みました。

領主の娘は花のような美しさと伝えられる程で、領主は父としてそんな可愛い娘を海神捧げることなどできないからでした考えてる顔

 

姫は、苦悩する父に理由を聞きました。

父は夢のお告げを打ち明けつつも、「お前は何も心配することはない。」と伝えましたdouble exclamation

それに対し娘はよく考え、「領民のために、私が犠牲になりましょう。どうか先立つ不孝をお許しください。」と言いました。

そして、止めようとした父の手を振り切り外に出て、数十丈もある断崖の上で合掌し、領民と父の為祈りを捧げ、海中に身を躍らせました波

 

その後駆けつけた家来たちが崖を見ると、姫の姿はありませんでしたげっそり (顔)

それ以来、お告げの通りにサケは以前の倍も捕れるようになりました魚魚魚魚

 

と、このような伝説があるそうですdouble exclamation

 

ちなみに、このような「サケを採れるよう犠牲になる」という伝説は戸切地川(へきりちがわ)にも残されていますdouble exclamation

 

戸切地川の伝説ではサケが遡上しなくなったので、郷士の岡田信忠の長女テルを船に乗せ、龍神へ捧げたそうです考えてる顔

それから、テルは晩秋に一晩だけ里帰りをするようになったのですが、ある時妹がその寝姿を見ると、ヘビになっていたそうですげっそり (顔)

それからテルは戻ってこなかったと言います泣き顔

 

このような伝説は実際にあったかはわかりませんが、伝説として残っていること自体が興味深いことだと私は思います黒ハート

皆さんの地元の伝説も調べてみると意外と面白い物があるかも知れないですねわーい (嬉しい顔)わーい (嬉しい顔)わーい (嬉しい顔)

 



| 10:00 午前 | 日記 |
2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
 

最近の記事

Tag Cloud - タグクラウド

北斗市の花-桜を見に行こう!
北斗市イシオシポイント! 絶景 きじひき高原へ

北斗市観光ブログ

北斗市観光ブログ

一般社団法人 北斗市観光協会 観光推進員

こんにちはうれしい顔
一般社団法人 北斗市観光協会晴れ観光推進員ですムード

みなさまに北斗市の魅力を伝えるために日夜がんばっておりますdouble exclamation
ぜひ北斗市に遊びにきてくださいね~ハートたち (複数ハート)ぴかぴか (新しい)