2017年12月28日、カテゴリ「案内女子Pick UP☆」の記事

2017年 12月 28日 UP!

案内女子Pick UP#65☆ 北斗市民限定!北海道新幹線で行く青森日帰りツアー!②


みなさま こんにちは晴れ

 

本日の案内女子Pick UP担当は

もう2017年もあと少し!

2018年の訪れをワクワク待ち望む

三女のKですわーい (嬉しい顔)ムード

 

さて、前回の記事

北斗市民限定!北海道新幹線で行く青森日帰りツアー!①

はお楽しみいただけましたか??

(まだの方は是非チェックしてみてくださいねexclamation

今日はその続きをご紹介していきたいと思いますほっとした顔るんるん (音符)

 

青い森鉄道に揺られてダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)

浅虫温泉駅から青森駅へ戻って来た私たちは

徒歩で青森駅周辺をお散歩double exclamation

てくてく歩いていくと…

なんだかとてもオシャレな建物発見グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

中に入ってみると

ドーンexclamationexclamationexclamation

ねぶたが目に入ってきました猫2ぴかぴか (新しい)

今回お邪魔させていただいたこちらは

ねぶた屋

若手のねぶた師さんたちが集まって結成された任意団体で

ねぶたの展示やお土産品の販売をされているのだそうですうれしい顔ムード

買い取り専門でアンティーク品の取り扱いもしているらしく

色々なものが並んでいて自由に見学させていただけました揺れるハート

ねぶたとアンティーク品が次々と目に入ってきて

なんともいえない不思議な空間目ぴかぴか (新しい)

 

ねぶた屋を後にした我々は

青森観光物産館 アスパム

http://www.aomori-kanko.or.jp/web/

へやってきましたダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)

こちらは青森の観光はもちろん、

物産や郷土芸能などを紹介する情報発信基地的な存在黒ハート

 

建物はAOMORIのAをイメージしたつくりに

なっているのだそうですよるんるん (音符)

 

1階の物産コーナーには

色々なお土産が並んでいて気になるものばかりムード

がしかし、我々はここにお土産を買いに来たのではなかったあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)

…ということで、2階へ移動ですダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)

 

2階には

青い森ホールでパノラマ映画を

見ることができる施設などもあるのですが、

今回の我々の目的地は…double exclamationdouble exclamationdouble exclamation

あおもり体験ホールにある

こぎん刺し実演コーナー指でOK

ここで青森県の伝統工芸品の

こぎん刺し製作体験

をさせていただきました黒ハート黒ハート黒ハート

 

今回制作したのは

しおり(材料費込350円)

 

麻の手織り生地に白の木綿糸で

幾何学的模様を一目、二目…と

縫い目を間違えないように

図面を手元において

数を数えながら針を刺していきますグッド (上向き矢印)

間違えないように必死に数えますが、

何度も間違えてしまい

やり直しふらふらバッド (下向き矢印)

 

でもでもなんとか!!!

(先生の手も借りながらですが)

完成しましたひらめき

先生ありがとうございました黒ハート

 

さて、ここで少し疲れてしまった我々は

青森駅まで

あおもりシャトルdeルートバス

ねぶたん号

http://www.aomori-kanko-bus.co.jp/topics.html

に乗車してあっという間に青森駅に到着!!

こちらのシャトルバスは

青森駅を中心とした中心市街地や主要観光施設を

1時間に約1便ペースで巡っている

観光に便利なバスなのです電車ダッシュ (走り出すさま)

 

1回の乗車はどこからどこまで乗っても

大人200円(小学生100円)ですが

お得な1日乗り放題券も

大人500円(小学生250円)で

販売されているので

このバスだけで青森観光も十分にできちゃいますねあっかんべー指でOK

 

このバスに乗って青森駅まで

のんびりゆったり戻って来た我々は

青森駅から徒歩3分のところにある

ねぶたの家 ワ・ラッセ

に行ってきましたウッシッシ (顔)手 (チョキ)

こちらは実際に青森ねぶた祭で出陣した

大型ねぶたが展示されている施設わーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)

映像や展示物など多くのねぶたにまつわる資料を

見学することが出来ますよ目ぴかぴか (新しい)

 

こうして青森観光を目いっぱい楽しんだ私たちは

17:31発のはやぶさ23号に乗って北海道へ帰るため

新青森駅へと向かったのでした新幹線ダッシュ (走り出すさま)

 

同じツアー参加者の方たちの中には

弘前方面までお出かけされた方もいらっしゃったようです晴れ

フリープランで思い思いの旅を楽しんだご様子でいっぱいの車内新幹線ムード

みなさん帰りの新幹線でもニッコニコわーい (嬉しい顔)ぴかぴか (新しい)

日帰りでも十分楽しめましたよ~~ウッシッシ (顔)ムードグッド (上向き矢印)

 

青森には八甲田丸や三内丸山遺跡など

人気の観光地がまだまだたくさんありますグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

今回のプランでご紹介した観光地はほんの一部double exclamation

帰りの新幹線の中で青森県のパンフレットを眺めていたら

まだまだ行ってみたいところや

見てみたいところが沢山ありました目ムード

 

魅力がたくさん詰まった青森県に

また北海道新幹線に乗って

遊びに行きたいなと思ったKでした目がハート (顔)

 

<今回ご紹介した施設の詳細はこちら>

青森ねぶた若手製作集団「ねぶた屋.com」

〒030-0803

青森県青森市安方1-5-6

YASUKATA GARAGE内

TEL 017-775-9150

受付時間 10:00~17:00 不定休

http://www.nebutaya.com/

 

青森県観光物産館 アスパム

〒030-0803

青森県青森市安方一丁目1番40号

TEL:017-735-5311

※営業時間は店舗により異なりますので詳細は

以下のHPをご確認ください。

http://www.aomori-kanko.or.jp/web/hour.html

 

ねぶたの家 ワ・ラッセ

〒030-0803

青森市安方1-1-1

青森市文化観光交流施設

TEL:017-752-1311

5月~8月 AM 9:00 ~ PM 7:00

9月~4月 AM 9:00 ~ PM 6:00

http://www.nebuta.jp/warasse/

 

さてさて本日が案内女子Pick UP

2017年の最後の更新となりまするんるん (音符)

2017年もたくさんのお客様をお迎えし、

各地へご案内させていただきましたわーい (嬉しい顔)

2018年もさらに多くのお客様と

お会いできますことを

案内女子一同心待ちにしておりますほっとした顔ぴかぴか (新しい)

 

みなさま良いお年をお迎えください。

それでは本日も北斗市観光案内所でお待ちしております揺れるハート



| 10:00 AM | 案内女子Pick UP☆ |
2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 

最近の記事

北斗市の花-桜を見に行こう!
北斗市イシオシポイント! 絶景 きじひき高原へ

北斗市観光ブログ

北斗市観光ブログ

一般社団法人 北斗市観光協会 観光推進員

こんにちはうれしい顔
一般社団法人 北斗市観光協会晴れ観光推進員ですムード

みなさまに北斗市の魅力を伝えるために日夜がんばっておりますdouble exclamation
ぜひ北斗市に遊びにきてくださいね~ハートたち (複数ハート)ぴかぴか (新しい)