スポット詳細

スポットトップに戻る

トラピスト修道院

トラピスト修道院

  • トラピスト修道院
  • トラピスト修道院
  • トラピスト修道院

静寂なたたずまいをみせ、訪れる人々の心を和らげるトラピスト修道院

正式名称は「厳律シート会灯台の聖母大修道院」といい、1896 年(明治29 年)、フランス、オランダ、イタリア、カナダから総勢9 人の修道士たちがこの地を訪れ、日本最初の男子トラピスト修道院を創設し、「灯台の聖母修道院」と命名されました。翌年、フランスのブリックベック大修道院からジェラル・プーリエ師が来て創立修道院長として着任しました。師はパイオニアに相応しい強靭な精神力の持ち主で、のちに帰化し、岡田普理衛と名乗りました。

 修道院が創立された目的は、すべての人々にキリスト教の福音を伝え、神の恩恵を祈り求めることにあり、祈れ、働けをモットーに、聖ベネジクト(547 年没)の戒律の下に神への奉仕に専念するのです。「万事を越えて神を愛し、人を己の如く愛すべし」キリスト教に生きる修道者たちは、その言葉の通りの生活をしています。創設当時は石倉野と呼ばれていたほど岩石の多い荒地で、これを開拓し、農耕、牧畜、酪農に力を入れ、1902 年(明治35 年)にオランダからホルスタインの種牛を輸入し、増殖した乳牛はのちに修道院を中心に南北海道一帯に広がって行きました。

 戦後、日本人の食生活が向上するにつれ、トラピストで作られるバターやクッキーが人々に親しまれ、北海道を代表する名産として全国に広がりました。現在の赤レンガの建物は最初の修道院が焼失したため、1908 年(明治41 年)に建てられたものです。

トラピスト修道院に植えられている桜は、通常よりも遅く咲く桜の種類です。市内の桜の名所が全て、終わったときに咲き始めます。南殿(なでん)や、普賢象(ふげんそう)や、雨宿(あまやどり)等の桜が咲きます。

■カテゴリ一覧へ戻る: 観る

住所北斗市三ツ石392
電話0138-75-2139
その他【建物内の見学】
男性のみ毎週火曜日、午後2時から。限定1組(少人数)。事前に往復ハガキでの申し込みが必要。
アクセスJR江差線渡島当別駅から徒歩約20分。
函館から車で約1時間。
ジャンル 桜 歴史

カテゴリーから探す

  • 観る
  • 遊ぶ
  • 食べる
  • 泊まる
  • 買う