ルートコース詳細

一覧に戻る
秋のほっこり列車の旅
ルートコース

新函館北斗駅

新函館北斗駅到着 仙台から到着!!時間に余裕ある定年後だからこそできるのんびり列車の旅を楽しみます。

(乗り継ぎ) 新函館北斗駅発。はこだてライナーで函館方面へ

五稜郭駅着 (乗り継ぎ) 五稜郭駅発。道南いさりび鉄道で木古内方面へ

渡島当別(おしまとうべつ)駅着

トラピスト修道院

静寂に包まれたトラピスト修道院を2人でのんびり散歩。紅葉が2人の時間に彩りを添えます。 お母さんは、娘がネットで調べてくれたトラピスト修道院のソフトクリームを見つけて大喜び!!
さっそく買います。がしかし、北海道の秋はやっぱり肌寒い。「どうしよう、食べきれるかしら」と悩んでいるのをお父さんは即座に察知。黙って残りを食べてくれました。
門までの階段がちょっとしんどいお年頃。でも今まで二人で進んできた道を歩むかのようにゆっくり、そして確実に進んでいきます。

渡島当別駅発

上磯駅着

貝鮮焼北斗フィッシャリー

北海道と言えば海鮮!二人で楽しみにしていた貝を食べに♪お父さんがビールを飲めるのも列車の旅のいいところ。お母さんもお父さんのビールをちょっともらいます。家では料理をするのはお母さんの仕事だけれど、ここでは、貝を開けるのはお父さんの仕事。料理慣れしていないお父さんの不器用な開け方を見ながら、「下手ねぇ〜」といいながらもちょっぴりうれしいお母さん。
「帰ったら、少しは台所に立つかぁ」とつぶやくお父さん。そんな二人のツーショットを函館山をバックに撮って、子供たちにメール送信。

上磯駅発 そのまままっすぐ函館駅へ。
宿泊先の「湯の川温泉」まで、のんびり市電でむかいましょう。